レストラン

法事会食のご案内

在りし日の故人を思いながら集うご法事や偲ぶ会。
ご家族・ご親戚、親しい方々が集い、それぞれの胸の内は、懐かしい思いで満たされます。 親しい人達で故人を偲び、思い出を語り合う、そんなお席に、静かな個室をご用意いたします。

ご会食のご案内

料理長が自信をもってご提供する会席料理は、月替わり献立となります。
また、ご予算・ご人数に応じて承ります。詳しくは係までお問合せください。

ご会食のご案内

昼の月替わり会席 お一人様 5,000円~

昼のお膳物    お一人様 3,000円~

お子様御膳    お一人様 2,500円   (ご予約制) 

夜の月替わり会席 お一人様 6,000円~

※イメージ写真です。内容は季節により異なります。※各料金はサービス料10%込み、消費税別となっております。

個室のご案内

ご親族やお仲間で故人を偲ぶご会食には落ち着いた個室をご利用ください。
個室は和室と洋室がございます。ご予約の際、ご希望をお申し付けください。

和室
テーブル席
和室 5室
お座敷/イス・テーブル席
ご利用人数… 2~20名様まで
室 料…係までお問い合わせください
洋個室 洋個室 3室
ご利用人数 …2~12名様まで
室 料…係までお問い合わせください

精進落し・お清め

遺骨迎えが済むと葬儀に際してお世話になった方たちを招いてお礼のおもてなしをすることを「精進落し」といいます。僧侶様や世話役の皆様に上座に着いていただき、遺族や喪主は下座に控えて、皆様の労をねぎらいます。

ご希望により「献杯・陰膳」をご用意致します。お写真・ご位牌もお飾りいただけます。

四十九日までの法事

遺骨迎えが済むと葬儀に際してお世話になった方たちを招いてお礼のおもてなしをすることを「精進落し」といいます。僧侶様や世話役の皆様に上座に着いていただき、遺族や喪主は下座に控えて、皆様の労をねぎらいます。

ご希望により「献杯・陰膳」をご用意致します。お写真・ご位牌もお飾りいただけます。

初七日の法事

亡くなられた日にちを入れて、七日目に行う法事ですが、現在ではお葬式の後の遺骨迎えの際に、そこまで済ませてしまうことも有るようです。それ以降、二七日・になぬか(14日後)、三七日・みなぬか(21日後)、四七日・よなぬか(28日後)、五七日・いつなぬか(35日五)、六七日・むなぬか(42日後)と、七日ごとに法事を行うとされていますが、二七日と三七日を家族のみで行うことが多いようです。

四十九日の法要

四十九日目に行う法事で、「七七忌」(しちしちき)とも「満中陰」とも言われます。この日に故人は最後の審判を受け、あの世へと旅立つことになるため、法事を行います。また自宅に安置しておいた遺骨をこの日にあわせて納骨し、納骨式をとりおこなう方も多いようです。

四十九日後の法事

四十九日の法事が済むと、百か日の法要を行い、それ以降は、年忌法要になります。年忌法要は、一周忌を一年後の祥月命日(亡くなった月日)に行いますが、三回忌以降は、亡くなった年を含めて(三回忌:満二年・七回忌:満六年・十三回忌:満十二年)数えます。

初七日の法要

故人が亡くなった月日を「祥月命日」と言います。年忌法要は、百か日法要の後、亡くなった翌年の祥月命日に「一周忌」を行い、翌年の満二年目に「三回忌」を行います。一周忌は、親類縁者のほか、親しかった友人知人も招いて比較的盛大に行いますが、三回忌からはごく内輪で営みます。以降は「七回忌・十三回忌・十七回忌・二十三回忌・二十七回忌・三十三回忌・五十回忌・百回忌」となりますが、一般的には三十三回忌をもって「弔い上げ」とすることが多いようです。

開眼供養

お墓を新しく建てた場合、僧侶と近親者を招いて、お墓の前で「開眼供養」を行います。また、お彼岸やお盆、年忌法要の際に、あわせて行う事もあります。しかし、「お墓を建てるのは家を建てるのと同じ」でお祝い事とされますから、法要とは別に「開眼祝い」として祝宴を設ける事が多いようです。

お食事以外のお手配
お返し物、志菓子、お持ち帰り用の白飯(法事用のおこわ)の手配を承ります。
(お申し込みは一週間前までにお願い致します。)

※各料金はサービス料10%込み、消費税別となっております。

宿泊予約

宿泊予約システム変更のお知らせ

チェックイン

チェックアウト

人数

室数

お電話でのご予約はこちら 028-627-0111

忘年会・新年会
おせち