NEWS お知らせ

2018-3-7

レストラン利用規約

レストラン利用規約
1.営業
当ホテルのレストランの営業時間は表示、パンフレット等でご案内いたします。 また、やむを得ない場合には営業時間の変更、または休業することがございます。その場合には適当な方法にてご案内いたします。

2.禁止事項
①賭博等、風紀を乱す行為または他のお客様のご迷惑になる行為、言動。
②発火または引火性の物品などの危険物の持ち込み。
③盲導犬・補助犬等以外の犬・猫・小鳥 その他愛玩動物、家畜の持ち込み。
④悪臭を発する物の持ち込み。
⑤当ホテル備品等の移動。
⑥予約時の利用目的以外での利用。
⑦その他、法令で禁止されている行為。

3.ご利用の拒否および予約の解除
次に掲げる場合には、ご利用(ご利用に際しての予約を含む)をお断りいたします。 また、予約を締結した後にその事実が判明した場合は予約を解除させていただきます。
(1)利用者に次の事由に該当する者がいる場合
①「暴力団による不当な行為の防止等に関する法律」(平成3年法律第77号)による指定暴力団員等またはその関係者、その他反社会的勢力(以下「暴力団等」という。)
②暴力団等が事業活動を支配する法人その他団体又はその構成員。
③暴力団等が該当する者が役員となっている法人またはその構成員。
④法令または公序良俗に反する行為をする恐れがあると判断される者。
(2)当ホテルの他の利用者に迷惑を及ぼすと思われる言動をしたとき。
(3)当ホテル、または当ホテルの従業員に対し、暴力・脅迫・恐喝・威圧的な不当な要求を行い、あるいは合理的範囲を超える負担を要求したとき、またはかつて同様な行為を行ったと認められるとき。
(4)本レストラン利用規約に違反したとき。または違反する恐れがあると当ホテル側が判断をしたとき。
(5)当ホテル利用にあたり、その利用を容認できないと当ホテルが判断をしたとき。

4.免責事項
①レストランで販売をしているテイクアウト品は、消費期限を過ぎた後に関して当ホテルはその責任を負いかねます。
②アレルギーのあるお客様はあらかじめご予約の際にお申し出ください。お申し出がない場合はお客様の責任により対応をしていただく事柄とさせていただきます。
③メニューは仕入れ等の状況により変更とさせていただく場合がございます。

5.損害賠償
お客様が故意にレストランの施設・重機等を破損したり、損傷しないよう充分にご注意ください。
もし、施設・什器等に損傷等損害が発生した場合は、その修理に関してレストランよりご指示申し上げますので、すみやかに修理していただくか、相当額を弁償していただきます。

6.ご予約人数の最終確認
料理等をご用意する数量につきましては、ご利用日前日の19時までにレストラン担当者にご連絡ください。それ以降はすべて手配が完了いたしますので、出席されるお客様の人数が減少した場合であっても確定した人数分の料金を頂戴いたします。

7.団体予約の取消しに関して
【団体予約のお取消料】