PLAN 宴会・会議室プラン

2017年10月10日

2017年12月25日(月) サイ・イエングアン クリスマス ソプラノリサイタル&味惑のガラディナー

東武ホテルレバント東京では、12月25日(月) に【サイ・イエングアン クリスマス ソプラノ リサイタル&味惑(みわく)のガラディナー】を開催いたします。開演前には目にも鮮やかで味わい深い数々のアミューズとともにカクテルやシェリー等をお楽しみいただけます。そしてアジアが世界に誇るディーバであるサイ・イエングアンさんの圧倒的な歌唱力を堪能した後、その余韻とともに愉しむ特別なディナー。趣向を凝らした料理とそれに合わせてセレクトされたワインと日本酒。すべての要素が絶妙なバランスで織りなす優雅な時間を皆様へお届けいたします。ぜひこの特別なひとときをお楽しみください。

【日 時】2017年12月25日(月)
18:00 受付・カクテルレセプション ※食前酒とアミューズをご用意いたします
18:30~ リサイタル
19:30~ ガラディナー

【会 場】4階 大宴会場「錦」
【料 金】お1人様¥30,000
※リサイタル、カクテルレセプション、フランス料理フルコース、ソムリエによるワインセレクション、他お飲み物、消費税・サービス料込

ご予約・お問い合わせ 販売促進部セールス課  Tel. 03-5611-5623(直通)


「ディシプル・オーギュスト・エスコフィエ」の称号を持つシェフ率いる調理スタッフが腕をふるいます。この称号は現代フランス料理の礎を築いたとされるオーギュスト・エスコフィエの弟子を意味し、エスコフィエの精神を受け継ぎ結成された「日本エスコフィエ協会」が認定するフランス料理界最高の名誉のひとつです。
ディシプルとして認められた卓越した技術と経験・感性を活かし、素晴らしい味わいを皆様にお届けいたします。



取締役統括総料理長 中村 善二
平成27年 春の黄綬褒章受章
現代の名工 ディシプル・オーギュスト・エスコフィエ


西洋料理調理長 佐藤 均
ディシプル・オーギュスト・エスコフィエ



サイ・イエングアン(崔 岩光) ソプラノ
1984年中国音楽学院歌劇科修了。中国中央歌劇院ソリストとなり国連「地球環境を守る日」に「愛する小鳥よ」を北京で初演、中国音楽協会「緑葉賞」を受賞する。
1989年渋谷・東急Bunkamuraオーチャードホールオープニングにて上演された日中合作オペラ「魔笛」に夜の女王役で出演、高い評価を得る。
1990年渋谷・東急Bunkamuraオーチャードホールガラコンサート出演。イタリアの巨匠、指揮者アルベルト・エレーデより大絶賛を受ける。
1992年東京芸術大学の平山郁夫学長から招聘を受け客員研究員として来日。以来日本を代表する数多くの交響楽団や指揮者小澤征爾、團伊玖磨、小林研一郎、現田茂夫、大野和士、三枝成彰、大友直人、岩城宏之の各氏と共演する。また海外においても演出家ミヒャエル・ハンペ氏など多くの音楽家から高い評価を受けイタリア、カナダ、ブルガリア、アメリカ・サンディエゴ、チリ、フィンランド、ギリシャ、フランス・パリ、ロシアなどでオペラ、リサイタルに出演。特にモーツァルト・オペラ「魔笛」夜の女王役においてはコロラトゥーラ・ソプラノとして他の追随を許さない圧倒的な存在感と歌唱力で国際的な高い評価を得る。
またコンサートだけでなく1998年第4回ダイナスティカップ(横浜国際競技場・東京代々木国立競技場)において中国・香港の国家斉唱、2008年洞爺湖サミット『G20グレンイーグルズ閣僚級対話』開催中の【千葉県・千葉市主催G20歓迎昼食会】において、国連地球環境保護キャンペーンソング「愛する小鳥よ」を演奏。京都比叡山にて、三越伊勢丹ホールディングス誕生記念中村吉右衛門奉納公演『比叡山薪歌舞伎』にてオペラアリアを披露。
2009年、市川市文化親善大使、日本補助犬協会より親善大使に任命される。また喜多郎氏と長崎・グラバー園、奈良・平城遷都1300年祭100日前記念コンサートにて共演、好評を博す。
2012年3月NHK総合テレビ「大地の恵み音楽祭」、5月NHK-BS1「ほっとアジア」に出演。7月には小椋佳の手による新曲「愛の真実」、「愛する小鳥よ[日本語版]」発表。合わせてキングレコードよりニューアルバム「愛の真実~サイ・イエングアン ベスト」をリリース。紀尾井ホールにて、小椋佳をゲストに新曲発表コンサートを開催、クラシックソリストの枠を超えた音楽表現が好評を得る。
2000年には日本国籍を取得。日本発、アジアが誇る世界のディーバとして、世界第一級の実力を兼ね備えるサイ・イエングアン。今後の活躍がますます期待される。



加藤 亜祐美 ピアノ
千葉県出身。東京音楽大学ピアノ科を経て、東京芸術大学大学院ソルフェージュ科修士課程を修了。
千葉音楽コンクール高校生の部で優秀賞を受賞。在学中よりヤマハ千葉店主催、音大生によるピアノコンサート、2台ピアノコンサート等に出演するほか、オペラなどの伴奏ピアニストとしても積極的に演奏活動を行っている。またクラシック音楽に留まらず、2015年10月、Ayumi Kato名義でソロアルバム「IMAGINARY LANDSCAPES」をリリース。
ピアノソロ曲「the breeze of nostalgia」等が収録され、NHK番組の挿入曲に使用される。作曲家として、東映映画「北のカナリアたち」における合唱アレンジの他、映画劇伴や、舞台音楽、大手CMへの楽曲提供も手がけている。今までにピアノを小林仁、村上隆、山崎マヤ、有森博、和声を林達也の各氏に師事。



和田 静乃 司会
武蔵野音楽大学卒業。同大学院修了。第24回国際芸術連盟新人オーディション合格、奨励賞受賞。2004年イタリア・リヴァ国際アカデミーに参加。これまでに、D.カリッソーニ氏伴奏による「4人で声楽リサイタル」をはじめ、数多くの演奏会に出演。また、邦楽器の伴奏による演奏活動も行っており、「邦楽四季の音会」「筑紫歌都子十三回忌追善演奏会」等にも出演、2006年にはイタリア・コンコルディ市民劇場において「日本伝統音楽の夕べ」に出演、好評を博した。
近年では、アンサンブルユニットでの活動や、「楽しく、しあわせになれるステージ」をコンセプトに、新しいタイプのクラッシックコンサートのプロデュースに励んでいる。2013年、ファーストCD「おやすみ・の・うた」リリース。神奈川学園中学・高等学校女声合唱団コーチ。ラ・ルーナ・ビアンカ主宰。


本イベントのチラシPDFついては、こちらをクリックしてご覧ください。

RECOMMENDATIONおすすめプラン