PLAN 宴会・会議室プラン

2018年01月27日

2018年3月31日(土)「古典落語と粋なディナー」~三遊亭竜楽とホテル自慢の料理人達の共演~


東武ホテルレバント東京では、3月31日(土) に【古典落語と粋なディナー】を開催いたします。「七カ国語RAKUGO」で世界各国で口演を行う“古典落語の旗手”三遊亭竜楽と、黄綬褒章受章 “現代の名工” 統括総料理長 中村善二が率いる当ホテル自慢の料理人達が、古典落語と特別ディナーで共演いたします。ぜひこの特別なひとときをお楽しみください。

日  時 2018年3月31日(土)
受  付 午後4時半~   ※開演までアペリティフをお楽しみください
古典落語 午後5時~午後6時半
ディナー 午後6時半~
会  場 4階 大宴会場「錦
(にしき)
料  金 お1人様 25,000円
(古典落語、フランス料理・日本料理の折衷コース、お飲物、消費税・サービス料込)

ご予約・お問い合わせ 販売促進部セールス課  Tel. 03-5611-5623(直通)



取締役統括総料理長 中村 善二
平成27年 春の黄綬褒章受章
現代の名工 ディシプル・オーギュスト・エスコフィエ


日本料理調理長 長嶺 常昭
東京都優良調理師会理事
関西調理師「古萌会」理事


西洋料理調理長 佐藤 均
ディシプル・オーギュスト・エスコフィエ



三遊亭竜楽
1958年群馬県生まれ。中央大学法学部卒業後、故五代目三遊亭円楽に入門する。1992年真打に昇進。落語三遊派の正統的話芸を受け継ぐ。国立演芸場花形演芸大賞などを受賞。2008年のフィレンツェ・ジャパンフェスティバルをきっかけに海外での現地語口演を開始する。現在までにヨーロッパ・アメリカ・中国の約50都市を訪れ、180回以上の口演を行う。日本語に加え、英語・フランス語・イタリア語・ドイツ語・スペイン語・ポルトガル語・中国語で語る国際派落語家である。2016年には、パリで落語と浮世絵のコラボレーション「RAKUGO/UKIYOE・伝統と現代の出会い」を開催。グローバルな活動は、世界2億8千万世帯が受信するNHKWORLDの「DirectTalk」で特集された。今年度は、アメリカ・フランス・ドイツ・イタリア・フランス・台湾を訪れる予定。「落語歳時記 らくごよみ」(朝日文庫)、「三遊亭竜楽の七カ国語RAKUGO」(CD・DVD)などを発売。日本放送協会会員。前橋市観光大使。


(ゲスト) 鏡味 味千代
山梨県山中湖村出身。落語芸術協会及び太神楽曲芸協会所属。国際基督教大学卒業後、広報代理店OLを経て、太神楽の世界へ入る。2011年に浅草演芸ホールにてデビュー。寄席や日本全国の舞台はもとより、得意の英語やフランス語も交え海外の公演でも活躍中。


本イベントのチラシPDFついては、こちらをクリックしてご覧ください。

RECOMMENDATIONおすすめプラン